教授 奥村 大 (Okumura, Dai, D. Eng.)

奥村大
名古屋大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻
住所:〒464-8603 名古屋市千種区不老町
居室:本山キャンパス工学部2号館北館2階213号室,電話:052-789-2671
メール:dai.okumura_at_mae.nagoya-u.ac.jp,_at_を@に置換

目 次

0.News
1.Information
2.経 歴
3.研究歴
4.受賞歴
5.所属学会等
6.学会活動
7.学会活動
8.趣味特技
9.講 義
10.お役に立てそうなこと
11.実験装置


0.News

- 2019.04.01 教授に昇任
- 2018.08.11 ホテルオークラ神戸にて渋谷研同窓会(還暦お祝い会)に参加しました
- 2018.07.24 New Jersey Institute of TechnologyにてDr.Chesterの研究室を訪問しました
- 2018.04 名古屋大学に復職(六大学人材交流プログラム)
- 2016.04 大阪大学に着任(四大学人材交流プログラム)
- 2016.03 修了生の松下幸平君と佐々木彰君がJSME若手優秀講演フェロー賞(2015.5.22)を受賞
- 2016.03 修了生の岩堀恵介さんがJSME東海支部賞奨励賞(2016.3.17)を受賞
NJIT

1.Information

- 名古屋大学教員Profile
- ThomsonResearcherID
- GoogleScholar
- ResearchGate
- ORCID
ORCID iD iconorcid.org/0000-0002-4020-8258
- 研究室HP(名古屋大学 計算固体力学グループ,奥村研)


2.経 歴

- 1998.03 名古屋大学工学部機械航空工学科卒業
- 2000.03 名古屋大学大学院工学研究科マイクロシステム工学専攻博士課程前期課程修了
- 2003.03 名古屋大学大学院工学研究科マイクロシステム工学専攻博士課程後期課程修了
- 2003.03 博士(工学)取得
- 2003.04 助手(名古屋大学大学院工学研究科マイクロシステム工学専攻)
- 2004.04 助手(名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻)
- 2007.04 助教(名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻)
- 2007.10 講師(名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻)
- 2011.04 准教授(名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻)
- 2016.04 准教授(大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻)四大学工学系人材交流プログラム
- 2016.04-2017.03 客員准教授(名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻)
- 2017.04-2018.03 客員准教授(名古屋大学大学院工学研究科機械システム工学専攻)
- 2018.04 准教授(名古屋大学大学院工学研究科機械システム工学専攻)
- 2019.04 教授(名古屋大学大学院工学研究科機械システム工学専攻)


3.研究歴

- 2000- マルチスケール分岐座屈理論及びセル状材料の解析
- 2003- 結晶塑性材料モデルの実装と多結晶塑性の均質化解析
- 2005- ひずみこう配結晶塑性理論構築とGN転位の自己エネルギーの影響
- 2008- 離散転位塑性法に基づく塑性寸法効果のマルチスケール均質化解析
- 2010- 板紙の特異な力学特性を考慮した有限要素解析
- 2012- 膨潤誘起座屈によって生じるパターン変態の機構解明と予測
- 2012- 膨潤収縮,膨潤平衡を考慮したゲル材料モデルの構築
- 2014- 微細構造のドライエッチング過程で生じるうねり座屈の解析
- 2017- 二層構造体に生じる凸凹パターン変態の座屈・座屈後解析


4.受賞歴

- 2003.05.26 日本材料学会 優秀講演発表賞
  (均質化理論による弾塑性ハニカムの微視的座屈と巨視的局所化の解析)
- 2004.04.09 日本機械学会賞(論文),大野信忠,奥村 大,野口裕久
  (有限変形の均質化理論に基づくセル状固体の微視的対称分岐解析(第1報,理論))
- 2007.03.15 日本機械学会 計算力学部門 優秀講演表彰
  (GN転位の自己エネルギーを考慮したひずみこう配結晶塑性理論による有限要素解析)
- 2007.12.14 日本機械学会 材料力学部門 優秀講演表彰
  (GN転位の弾性ひずみエネルギーを考慮した非局所結晶塑性解析)
- 2011.04.21 日本機械学会 奨励賞(研究)
  (周期セル状材料の微視的座屈解析のための均質化理論の構築とその応用の研究)
- 2011.05.25 日本材料学会 学術奨励賞
  (微視構造を有する材料のマルチスケール均質化解析のための理論構築と応用)
- 2013.12.13 JACM Young Investigator Award


5.所属学会等

- 日本機械学会, JSME(部門:材料力学部門計算力学部門
- 日本材料学会, JSMS(委員会:塑性工学部門委員会
- 日本計算工学会, JSCES(研究会:不確かさのモデリング研究会)
- 日本計算数理工学会, JASCOME
- American Society of Mechanical Engineers, ASME
- Japan Association for Computational Mechanics, JACM
- International Association for Computational Mechanics, IACM


6.学会活動

- 2006.09 国際会議AEPA2006実行委員会・委員
- 2006.04-2008.03, 2015.04- 日本材料学会東海支部・幹事
- 2006.04-2007.03 日本材料学会東海支部・庶務幹事
- 2006-  日本機械学会計算力学講演会「材料の組織・強度に関するマルチスケールアナリシス」OSオーガナイザー
- 2007.05 日本材料学会第56期総会・学術講演会実行委員会・主幹事
- 2007.01 理論応用力学講演会OS「結晶塑性論に基づくマルチスケールシミュレーション」オーガナイザー
- 2009 日本機械学会材料力学部門第4技術委員会(若手シンポジウム)・委員
- 2009.04-  日本機械学会校閲委員
- 2009-2012 日本計算工学講演会「複合材料・セル状材料」OSオーガナイザー
- 2010.01 国際会議Plasticity2010 MSオーガナイザー
- 2011.12 国際雑誌International Journal of Plasticity Vol.27(Issue.12)・ゲスト・エディター(2011年12月号)
- 2011.04-2013.03 日本材料学会塑性工学部門委員会・幹事,庶務幹事
- 2011.04-2013.03 日本機械学会計算力学部門運営委員会・広報幹事
- 2011.04-2014.03 日本機械学会材料力学部門運営委員会・委員
- 2011.10, 2012.10 日本学術会議材料工学連合講演会「マクロ/ミクロ変形におけるモデリングとシミュレーション」OSオーガナイザー
- 2012 日本機械学会材料力学部門運営委員 第5技術委員会・委員
- 2012.05, 2013.05 日本材料学会学術講演会「塑性挙動のモデリングとシミュレーション−ナノからマクロまで−」OSオーガナイザー
- 2012-2016 日本計算工学会計算工学講演会実行委員会・ベストペーパーアワードWG・委員
- 2013 日本機械学会 材料力学部門 M&M2013材料力学カンファレンス実行委員会・委員
- 2014.04-  日本機械学会論文集 材料力学部門Associate Editor
- 2014.04-  日本材料学会編集委員会査読委員(第63-64期)
- 2014.06, 2016.05 日本計算工学講演会「不確かさのモデリング・シミュレーション」OSオーガナイザー
- 2014-,2016-  日本計算工学会・代表会員
- 2015, 2016  日本計算工学会 計算工学講演会実行委員会・ベストペーパーアワードWG・主査
- 2015.06 国際会議ASME McMAT2015 IiSS session 4(Materials and Structures)セッションオーガナイザー
- 2015.07 国際雑誌Advanced Structured Materials Vol.64 (2015) ・ゲスト・エディター(2015年7月出版)
- 2015.08 日本機械学会材料力学部門 若手シンポジウム実行委員会・幹事
- 2015.10 国際会議IWACOM-III 「Fracture and Damage Mechanics of Advanced Materials」OWSオーガナイザー
- 2016.01 国際会議Plasticity, Damage and Fracture 2016 「From damage mechanics to homogenization methods」MSオーガナイザー
- 2016.01 国際会議Plasticity, Damage and Fracture 2016 International Organizing Committee・委員
- 2016.03 日本機械学会東海支部第65期総会講演会「東海地方の計算力学最前線」OSオーガナイザー
- 2016.04- 日本計算数理工学会・理事
- 2016.04-2017.03 日本機械学会 計算力学部門 総務委員会・副幹事
- 2016.04- 日本機械学会材料力学部門 ゴムの材料力学に関する研究会・委員
- 2016.09 日本機械学会 計算力学部門 第29回計算力学講演会(CMD2016)実行委員会・幹事
- 2016.09 日本機械学会 計算力学部門 第29回計算力学講演会(CMD2016)「固体・構造体に生じる不安定変形」フォーラムオーガナイザー
- 2016.11 国際会議ASME IMECE2016(Phoenix, Arizona)「T-12-7 Instability in Solids and Structures」TSオーガナイザー
- 2016.12 国際会議AEPA2016 「Strength of Advanced Materials」MSオーガナイザー
- 2017.03 日本機械学会東海支部第66期総会講演会(TEC17)「東海地方の計算力学の最新動向」OSオーガナイザー
- 2017.03 日本機械学会関東支部第23期総会講演会「OS06 周期セル構造を利用した材料の機能化と特性評価」OSオーガナイザー
- 2017.04-2018.03 日本機械学会 計算力学部門 総務委員会・幹事
- 2017.04- 日本計算数理工学会・論文集編集幹事
- 2017.07 国際会議SES 2017(Boston)「Symposium VI-D: Instability of Solids and Structures」シンポジウムオーガナイザー
- 2017.09 日本機械学会計算力学講演会CMD2017「固体と構造体の非線形・衝撃・不安定解析フロンティア」OSオーガナイザー
- 2017.11 国際会議ASME IMECE2017(Tampa, Florida)「T-12-10 Instabilities in Solids and Structures」TSオーガナイザー
- 2018.03 日本機械学会東海支部第67期総会講演会(TEC18)「東海地方の計算力学の最新動向」OSオーガナイザー
- 2018.04-2019.03 日本機械学会 計算力学部門 表彰委員会・副委員長
- 2018.10-11 国際会議International Conference on Multiscale Materials Modeling(MMM2018)国内委員
- 2018.11 国際会議ASME IMECE2018(David L. Lawrence Convention Center, Pittsburgh)「T-12-28 Instabilities in Solids and Structures」TSオーガナイザー
- 2019.11 国際会議ASME IMECE2019(Salt Lake City, Utah)「T-11-37 Instabilities in Solids and Structures」TSオーガナイザー
- 2020.04-2021.03 日本機械学会 材料力学部門 総務委員会・副委員長


7.その他の活動

- 2004-2007, 2010-2013 機械系学科同窓会 東山会・会計理事
- 2007, 2009, 2011, 2014 デンソー技修センターハイタレント研修 計算固体力学・演習講師
- 2010.04-2012.03 工学部・工学研究科同窓会 常任評議員・会計
- 2014.04-2015.03 名古屋大学矢田町宿舎自治会・会計
- 2015, 2016 日本機械学会 計算力学技術者2級対策講習会・講師


8.趣味特技

- ドライブ(現在の目標:富士山一周,九州一周,過去:琵琶湖一周,四国一周)
- 読書(最近:胡蝶の夢(松本順),播磨灘物語(黒田官兵衛),空海の風景(空海,最澄),翔ぶが如く(西郷隆盛),村上水軍の娘,歳月(江藤新平),峠(河井継之助),花神(大村益次郎),お気に入り:司馬遼太郎,村上春樹,サイモン・シン)
- 国際結婚関連(最近:息子・娘と遊ぶ 過去:息子を連れて帰省,両親の招へい,子供の国籍,婚姻要件具備証明書,大使館,入国管理局)
- 日本酒(お気に入り:加賀鶴浦霞玉乃光獺祭東光亀の翁
- 計算力学技術者(CAE技術者)上級アナリスト(日本機械学会計算力学技術者認定事業,有効期限:2025年3月31日)


9.講 義

名古屋大学(〜2016.3.31)
- 計算機ソフトウェア第1(機械航空工学科1年生, 前期)
- 材料科学第1(機械航空工学科2年生, 後期)
- 応用力学大意(他学科向け材料力学, 前期)
- 計算設計工学特論(大学院, 後期)
- 計算理工学基礎(大学院,1コマ, 前期)

大阪大学(2016.4.1)
- 連続体力学基礎(応用理工学科2年生,後期)
- 塑性学(応用理工学科3年生,後期)(2017年度のみ)

岐阜大学(2016.9.13)
- 機械システム工学特論第1(大学院,1日(集中講義))

鹿児島大学(2017.8.2)
- 先端科学特別講義(大学院,半日(集中講義))

名古屋大学(2018.4.1〜)
- 基礎セミナーA(工学部1年生, 前期)
- 材料科学第1(機械・航空宇宙工学科2年生, 後期)
- 材料力学第2(機械・航空宇宙工学科2年生, 後期)
- 固体力学特論(大学院, 機械システム工学専攻+G30(2018+2020),前期)

10.お役に立てそうなこと

- 有限要素解析全般 - 分岐座屈現象をともなう非線形有限要素解析
- 各種材料モデルの有限要素解析ソフトへの実装
- 結晶塑性解析,膨潤ゲル解析,均質化解析,離散転位動力学解析
- 高分子ゲル材料の液中浸漬二軸引張試験
- 膜・層状組織の分岐座屈現象


11.実験装置

- 液中浸漬二軸引張試験機(最大荷重=10N,最大伸び=5,恒温装置付,アイエス技研叶サ)
- 粘弾性測定装置(レオメータ,Discovery HR-1,浸漬セル,トーションクランプなど,TAインスツルメンツ


更新日:2020.04.29