名古屋大学
工学部 機械・航空宇宙工学科
大学院工学研究科 機械システム工学専攻
固体力学研究グループ(奥村研)

目 次

0.News
1.研究室紹介
2.メンバー
3.研究内容
4.講義情報
5.イベント
6.論 文
7.国内会議
8.国際会議
9.アクセス
10.リンク


0.News

- 2018.04.25 Int.J.Mech.Sciにうねり座屈に関する論文が掲載されました
- 2018.04.25 ホームページ開設
- 2018.04.20 研究室歓迎会開催(肉HAMAKIN本山店)新メンバーで親睦を深めました


1.研究室紹介

工業材料として重要な金属材料のほかに,セル状の微視構造を有するセル構造体,水を主成分とするハイドロゲルといった多様な固体の力学特性を有限ひずみ下での不安定変形挙動に着目して研究しています.力学フレームワーク構築や高度な材料モデル開発,それらを応用しての未解明問題の解析に取り組んでいます.

---研究室配属の皆さんへ---

最先端の固体力学研究に取り組み,材料力学や固体力学への習熟を深めるとともにCAEの基礎知識から専門技術までを幅広く学びましょう.


2.メンバー

- 教 授(調整中)
- 准教授 奥村 大
- 助 教(調整中)

- 大学院生
M1 川端 宏典
M1 菱田 湧士

- 卒業研究
B4 高島 晃
B4 鷹見 岳杜
B4 三好 宏明

- 機械システム研修
B3 赤松 直紀
B3 星 亮吾
B3 前田 祥吾

- 事務補佐員 浅井 里美


3.研究内容

1. セル構造体のマルチスケール有限要素解析

2. 非ガウス鎖理論を用いたゲル材料モデリング

3. ハイドロゲルの力学特性膨潤度依存性の実験的評価

4. 膨潤誘起パターン変態の再現と機構解明

5. 軟質基板上の硬質膜に生じる凸凹パターン変態解析

6. エッチング誘起うねり座屈の有限要素解析

7. 分子動力学法による原子レベル固体力学解析



4.講義情報

- 基礎セミナーA(奥村)2018年度春夏,工学部1年生

- 固体力学特論+G30(奥村)2018年度春夏,大学院

- 材料力学第2(奥村)2018年度秋冬,機械・航空宇宙工学科2年生

- 材料科学第1(奥村)2018年度秋冬,機械・航空宇宙工学科2年生


5.イベント

- 2018.04.25 ホームページ開設

- 2018.04.20 研究室歓迎会開催(肉HAMAKIN本山店)新メンバーで親睦を深めました

- 2018.04.01 奥村准教授,大阪大学から名古屋大学に復職


6.論 文

- 2018.04.25 Int.J.Mech.Sciにうねり座屈に関する論文が掲載されました
Dai Okumura, Junya Sugiura, Hiro Tanaka, Yoji Shibutani, 2018. Buckling and postbuckling of etching-induced wiggling in a bilayer structure with intrinsic compressive stress. International Journal of Mechanical Sciences 141, 78-88.


7.国内会議



8.国際会議



9.アクセス

- 住所:464-8603名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院 工学研究科 機械システム工学専攻

- 交通アクセス(東山キャンパスへ)

- 東山キャンパスマップ(工学部2号館へ)

- 奥村居室:工学部2号館北館2階213号室(052-789-2671)

- 学生部屋:工学部2号館北館2階214号室(052-789-4476)


10.リンク

- 旧ホームページ(旧大野研)

- 名古屋大学

- 工学部・大学院工学研究科

- 機械・航空宇宙工学科

- 機械システム工学専攻


更新日:2018.04.25


Copyright c 2018 Solid Mechanics Research Group, Nagoya University. All rights reserved.