これまでのお知らせ/ Past news

・2020.6 城さん,嶋岡さんらの感性の計算理論に関する論文が,国際会議International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research に採択されました.
Research papers coatuthored by Mr. Tachi and Ms. Shimaoka were accepted by International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research, which will be held in September.
・2020.5 大嶽さんらの触感ディスプレイの研究論文が,国際会議 13th International Conference on Human System Interaction に採択されました.6月に発表があります.
A research paper, which is coauthored by Mr. Otake, on tactile texture displays was accepted for the presentation at 13th International Conference on Human System Interaction.
・2020.4 データ統計解析学Bの講義は,4月22日(水)開始です. [詳細]
・2020.3 難波博士が,第6回日本医療安全学会学術総会にて,人工知能を用いた見守り支援システムと 看護理論の反映に関する発表を行いました.
Dr. Namba presented a study on the nursing assistant system by using artificial intelligence and reflecting care theory at 6th JPSCS.
・2020.3 難波博士が,日本機械学会情報・知能・精密機械(IIP)部門講演会にて,深層強化学習を用いた 転倒転落リスク低減方策決定方法の行動定義自動化に関する発表を行いました。
Dr. Namba presented a study on behavior definition automation of policy decision method by using deep learning to prevent the patients from falling at IIP2020.
・2020.3 Wanさん、Liuさん,秋山准教授らが執筆した,装着型アシストロボットと人の接触力に関する論文がIEEE Trans. on Neural Systems and Rehabilitation Engineeringに受理されました.
A research article, which is on the contact forces between physical assistant robots and humans, coauthored by Dr. Wan, Ms. Liu, and Dr. Akiyama was accepted by IEEE Trans. on Neural Systems and Rehabilitation Engineering.
・2020.3 長谷川さんが,成績優秀者として東山賞を受賞しました.
Mr. Hasegawa was awarded Higashiyama prize as an excellent student in the department.
・2020.3 井上さん,金くん,夏さんらが,IEEE LifeTech にて,肌の摩擦, 触感ディスプレイ,HumTouchの研究について発表しました.
Mr. Inoue, Kim, and Hsia gave presentations at IEEE LifeTech on skin friction, tactile texture display, and HumTouch, respectively.
・2020.3 当研究グループへの配属を検討している学生で,訪問を希望する方は,yoji.yamada [at] mae.nagoya-u.ac.jp に個別に連絡を下さい. 研究活動などについて説明をします.
・2020.3 秋山助教,難波さんらがそれぞれ,旋回歩行における装着型ロボット股関節回旋自由度の影響に関する研究, 深層逆強化学習を用いた患者の転倒転落リスク低減方策決定方法に関する研究,を 第25回ロボティクスシンポジアで発表しました.
Dr. Akiyama and Mr. Namba gave a presentation at 25th Robotics Symposia. Their presentations were about policy decision method by using deep reinforcement learning to prevent the patients from falling, and effect of the restriction of hip rotation caused by an exokeleton on the curving gait.
・2020.2 秋山助教,福井さんらが執筆した歩行支援ロボット装着時の転倒動作に関する論文 "Effects of exoskeletal gait assistance on the recovery motion following tripping"が Plos One に採録されました.
A research article "Effects of exoskeletal gait assistance on the recovery motion following tripping," which was coauthored by Dr. Akiyama, and others was accepted by Plos One.
・2020.2 井上さんらが執筆した肌を擦るときの摩擦に関する論文"Effect of material hardness on friction between a bare finger and dry and lubricated artificial skin"が IEEE Trans. on Haptics に採録されました.
A research article "Effect of material hardness on friction between a bare finger and dry and lubricated artificial skin," which was coauthored by Mr. Inoue, Dr. Okamoto, and others was accepted by IEEE Trans. on Haptics.
・2020.1 岡本准教授らが執筆した粗さ知覚原理に関する論文"Relationship between spatial variations in static skin deformation and perceived roughness of macroscopic surfaces"が IEEE Trans. on Haptics に採録されました.
A research article "Relationship between spatial variations in static skin deformation and perceived roughness of macroscopic surfaces", which was coauthored by Dr. Okamoto, and Ms. Oishi was accepted by IEEE Trans. on Haptics.
・2020.1 Qiuさん,岩崎さんらがHonoluluで開催された国際会議 IEEE/SICE SII'2020 にて起立動作の分析,歩行のばらつき指標の開発について 発表しました.
Mr. Qiu and Iwasaki gave presentations on the analysis of sit-to-stand motion and new gait variability index at IEEE/SICE SII'2020 in Honolulu.
・2020.1 長谷川さんらが執筆したテクスチャ知覚に関する論文"Phase difference between normal and shear forces during tactile exploration represents textural features"が IEEE Trans. on Haptics に採録されました.
Our research article on texture perception "Phase difference between normal and shear forces during tactile exploration represents textural features", which was coauthored by Mr. Hasegawa, Dr. Okamoto, and Dr. Yamada, was accepted by IEEE Transactions on Haptics.
・2019.12 Kimさんらが執筆した人間-ロボット協調作業系の安全に関する論文が日本ロボット学会誌に掲載されました.
Our research article on a human-robot cooperative safety was published on Journal of the Robotics Society of Japan.
・2019.12 Abdolshahさんらが執筆した転倒時の危害軽減に関する論文"Safety considerations for forward falls"が Journal of Musculoskeltal and Neuronal Interactions に受理されました.
A research article "Safety considerations for forward falls" coauthored by Abdolshar and our colleagues was accepted by Journal of Musculoskeltal and Neuronal Interactions.
・2019.12 岩崎さんらがSICE システムインテグレーション部門講演会で,主動作分析を用いた歩行のばらつき評価に関する研究を発表しました.
Mr. Iwasaki gave a presentation about a new gait variability index based on principal motion analysis at SICE Conference of System Integration Division.
・2019.11 岡本准教授が触覚講習会(日本バーチャルリアリティ学会主催@京都)で,テクスチャの触知覚メカニズム について解説しました.
Dr. Okamoto gave a lecture on perceptual mechanisms of tactile textures at Haptics Lecture held in Kyoto.
・2019.10 藤川博士,白石さん,宮田さんらがそれぞれ,ヒト-ロボット衝突時の耐性に関する研究, 足部ストレッチング機械に関する研究および,トレッドミル上での自然な転倒誘発に関する研究を 韓国で開催された国際会議ICCAS2019にて発表しました.
Dr. Fujikawa, Mr. Shiraishi, and Ms. Miyata presented their studies at ICCAS2019 held in Korea. Their presentations were about the torelable blant impact on human body tissues for human-robot coexistent environment, ankle streching machine, and fall induction system on a treadmill.
・2019.10 岡本准教授,李さん,岩崎さんらがそれぞれ,ハムノイズを利用したタッチセンサ, せん断力センサおよび動作解析手法に関する研究をIEEE GCCE2019にて発表しました.
Dr. Okamoto, Ms. Li, and Mr. Iwasaki presented their researches on a touch sensor, shear force sensor, and motion analysis method at IEEE GCCE2019 2019.
・2019.10
工藤さんらが執筆した腰痛リスクの見積もりに関する論文が Robomech Journal より出版されました.
A research article coauthored by Mr. Kudo and Prof. Yamada on the risk curves for low-back pains was published from Robomech Journal.
・2019.9 難波さんが,転倒転落事故防止のための深層強化学習を用いた介入支援方法についての研究を 早稲田大学で開催された第37回日本ロボット学会学術講演会にて発表しました.
Mr. Namba presented a study on the intervene assistant method by using deep reinforcement learning to prevent the patients from falling in the hospital at the 37th annual conference of Robotics Society of Japan held in Waseda University.
・2019.9 難波さんが,深層学習を用いた見守り支援システムについての研究を 秋田大学で開催された日本機械学会2019年度年次大会にて発表しました.
Mr. Namba presented a study on the nursing assistant system by using deep learning at JSME'2019 held in Akita University.
・2019.9 転倒時の衝撃に関する研究論文"Investigation into hand impact force during forward falls on uneven terrain" が International Journal of Precision Engineering and Manufacturing に採択されました.
Our article entitled "Investigation into hand impact force during forward falls on uneven terrain" was accepted by International Journal of Precision Engineering and Manufacturing .
・2019.9 仇さん,岩崎さんらがそれぞれ,立ち上がり動作の解析および歩行のばらつき評価指標に関する研究を 慶応大学で開催されたLIFE2019にて発表しました.
Mr. Qiu and Iwasaki presented their studies on sit-to-stand motions and gait variebility, respectively, at LIFE2019 conference held in Keio University.
・2019.9 膝疼痛患者の動作を模擬するシルバーシミュレータに関する論文が,IEEE Transactions on Human-Machine Systems にて出版されます.
A research article titled "Knee pain patient simulation for recommendation of sit-to-stand handrail positions" has been published on IEEE Transactions on Human-Machine Systems (vol. 49).
・2019.9 岡本准教授らが,感性ダイナミクスに関する発表として,食事中の味と感性の変化を分析する手法を 芝浦工業大学で開催された感性工学会にて発表しました.
Dr. Okamoto presented a study on an analysis method using the principal motion analysis for affective dynamics at the JSKE annual conference held in Tokyo.
・2019.9 山田南欧美さんらが,足関節リハビリテーション機械の効果に関する発表を 浜松市で開催された日本支援工学理学療法学術大会にて行いました.
Ms. Yamada and our colleagues presented a study on a rehabilitation machine for stretching ankles at a conference held in Hamamatsu-city.
・2019.7 岡本准教授,長谷川さん,井上さんらがテクスチャ知覚,皮膚の摩擦などのハプティクスに関する発表を IEEE World Haptics Conference にて行いました.
Dr. Okamoto, Mr. Hasegawa, and Mr. Inoue presented their studies on haptics at IEEE World Haptics Conference in Tokyo.
・2019.7 卒業生の伊藤さん,岡本准教授らが執筆した触感ディスプレイに関する論文が ACM Transactions on Applied Perception に採録されました.
A research article on tactile texture displays coauthored by Mr. Ito and others was accepted by ACM Transactions on Applied Perception.
・2019.6 Liさん,佐藤さんらが歩行補助カートの制御と効果に関する発表をIEEE ICORR'2019 にて行いました.
Mr. Li and Ms. Sato gave their presentations on the control and clinical effects of an assistive walker at IEEE ICORR'2019.
・2019.6 難波さんが北九州国際会議場で開催された国際会議The 12th Asian Control Conference(ASCC2019)の Workshop「強化学習と制御」において,深層強化学習を用いた見守り支援システムに関するチュートリアル講演を行いました.
Mr. Namba gave a presentation about automatic fall risk assessment method using deep learning at ASCC2019
・2019.6 Kimさんらが執筆したヒト-ロボット協調系生産環境におけるリスク見積り手法に関する論文が Robotics and Computer-Integrated Manufacturing に掲載されました.
Our research article on a risk estimation method for man-machine collative manufacturing was published on Robotics and Computer-Integrated Manufacturing
・2019.6 Ullauriさん,秋山助教らが執筆した論文が Plos ONE に掲載されました.この論文は,特殊なテーピングを用いて, 健常者に,つまずきやすい高齢者の歩行を模擬させる手法に関するものです.
Our research article on a taping technique with which young people simulate a gait motion of the elderly who are more likely to trip was published on Plos ONE.
・2019.4 秋山助教らが執筆した転倒回避動作の分析に関する研究論文が,Journal of Biomechanical Science and Engineering に掲載されました.
Our article on the analysis of fall avoidance motions after tripping was published in Journal of Biomechanical Science and Engineering.
・2019.3 岡田さんが,成績優秀修了者として日本機械学会三浦賞を受賞しました.
Mr. Okada was awarded JSME Miura award for his highly scholastic achievement.
・2019.3 難波さんが、富山県で開催された第24回ロボティクスシンポジアにて,深層学習を用いた患者の転倒転落リス クアセスメントに関する研究発表を行いました.
Mr. Namba gave a presentation about automatic fall risk assessment method using deep learning at 24th Robotics Symposia held in Toyama.
・2019.3 岡田さん,白石さん,仇さん,内藤さん,江原さんらが,国際会議IEEE LifeTech 2019 にて,それぞれ 感性ダイナミクス,足部ストレッチング機械,シルバーシミュレータ,アシストスーツに関する研究発表を行いました.
Mr. Okada, Shiraishi, Qiu, Naito, and Ehara gave presentations about affective dynamics, ankle stretching machine, patient simulator, and physical assist suits, respectively, at IEEE LifeTech 2019 held in Osaka.
・2019.2 長谷川さん,岡本准教授,山田教授らが執筆した振動触刺激に関する研究論文が,International Journal of Affective Engineering に採択されました.
A manuscript entitled "Affective vibrotactile stimuli: Relation between vibrotactile parameters and affective responses," was accepted by International Journal of Affective Engineering.
・2019.1 山川さん,岡本准教授らが執筆したシルバーシミュレータに関する研究論文が,IEEE Trans. on Human-Machine Systems に採択されました.
A manuscript entitled "Knee pain patient simulation for recommendation of sit-to-stand handrail positions" coauthored by Mr. Yamakawa, Dr. Okamoto et al. was accepted by the IEEE Transactions on Human-Machine Systems.
・2018.12 "Hardness perception based on dynamic stiffness in tapping" coauthored by Mr. Higashi, Dr. Okamoto, Dr. Yamada and a team of Tohoku University was accepted by Frontiers in Psychology.
・2018.12 岡田さんと江原さん,白石さん,長谷川さんらがそれぞれ,感性のダイナミクス,足部ストレッチング機械, ラバーハンドイリュージョンに関する研究発表を,SICE SI2018にて行いました.
Mr. Okada and Ehara, Shiraishi, and Hasegawa talked at System Integration Conference in Osaka, representing the laboratory, respectively, on the researches about affective dynamics, rehabilitation machine, and rubber hand illusion.
・2018.11 長谷川さんらが韓国で開催された国際会議 AsiaHaptics 2018にて,ラバーハンドイリュージョンに関する研究発表を 行いました.
Mr. Hasegawa gave a presentation about "Rubber hand illusion" at AsiaHaptics 2018.
・2018.11 A research article entitled "Layered-modeling of affective and sensory experiences using structural equation modeling: Touch experiences of plastic surfaces as an example" authored by Dr. Okamoto and others was accepted by IEEE Transactions on Affective Computing.
・2018.11 難波さんが名古屋で開催された第13回医療の質・安全学会学術集会にて, 人工知能を用いた患者の転倒転落リスクアセスメント自動化と見守りアシストシステムに関して発表しました. また,山田教授が企画した医療現場での利活用が期待されるAI・ロボティクスに関する同学術集会のシンポジウムにて, 難波さんが人工知能を用いた患者の転倒転落リスクアセスメント自動化とリスク低減方法に関して発表しました.
Mr. Namba gave a presentation about the automatic fall risk assessment and nursing assistant system for the patients at the 13th Annual Congress of Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare held in Nagoya. He also gave a presentation at the symposium organized by Prof. Yamada in the same congress.
・2018.10 金さん,Kirshnerさんらがフランスにて開催されたSIAS 2018にて,電波式センサシステムおよび人・ロボット協調時のリスク分析 に関する研究を発表しました.
Mr. Kim and Ms. Kirshner gave presentations about "Radio Wave Sensor System Which Enables Determination of Protective Separation Distance", and "Probabilistic Risk Analysis of Human-Robot Collaboration Using the Interference Theory" at 9th International Conference on Safety of Industrial Automated Systems 2018 held in France.
・2018.10 長谷川さんらが宮崎で開催された国際会議 IEEE SMC 2018 にて,触知覚に関する研究発表を行いました.
Mr. Hasegawa gave a presentation about the tactile texture perception at IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics in Miyazaki.
・2018.9 難波さんが2018年9月に大阪で開催された日本機械学会2018年度年次大会にて, 深層学習を用いた外来患者の一次スクリーニング自動化と転倒転落事故防止見守りアシストシステムに関する研究発表を 行いました.
Mr. Namba gave a presentation about "Automatic primary screening and nursing assistant system preventing the outpatients from falling by using deep learning" at JSME'2018 held in Osaka.
・2018.9 Sakaiさんらが執筆した装着ロボット使用時の皮膚損傷に関する論文"Evaluation of effects caused by individual differences in human shape that affect the safe utilization of wearable robots"がRobomech Journal に掲載されました.
A research article about skin injuries while using a power assist robot appeared on Robomech Journal.
・2018.9 山川さん,伊藤さん,岡本准教授らが,第36回日本ロボット学会学術講演会にて シルバーシミュレーション(患者シミュレーション)およびラバーハンドイリュージョンに関する研究発表を行いました.
Mr. Yamakawa, Mr. Itoh, and Dr. Okamoto gave presentations on the patient simulation and rubber hand illusion at the 36th annual conference of Robotics Society of Japan in Aichi.
・2018.9 金さん,仙人さんが春日井市で開催された日本ロボット学会学術講演会にて,「Interference Theory を用いた保護間隔距離への人間の手の 侵入確率の計算」,「電波式センサシステムを用いた人間-ロボット協調作業系での保護間隔距離の低減」,「人間の位置検出を目的とした 安全関連センサシステム構築のためのセンサ配置の最適化」について発表しました.
Mr. Kim and Mr. Sennin gave presentations about "The calculation of the penetration probability of human hands to protection interval distance using Interference Theory" , "The reduction of protection interval distance in human-robot cooperative work system using radio wave sensor system" , and "The optimization of sensor placement for construction of safety related sensor system for human position detection" at RSJ2018.
・2018.9 大橋さん,白石さんらがLIFEにて,歩行アシストスーツおよび足部リハビリテーション機械に関する研究成果を発表しました.
Mr. Ohashi, Shiraishi and others gave presentations about walking assist suits and foot-rehabilitation device at LIFE, an academic conference on assistive techniques, held in Tokyo.
・2018.9 岡田さんらが日本感性工学会大会にて,感性ダイナミクスに関する研究成果を発表しました.
Mr. Okada and others gave a presentation about affective dynamics at the annual conference of Japan Society of Affective Engineering.
・2018.8 山田教授らがThe 2018 IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics にて発表した論文 (Potential runaway motion volume in task space for estimating the probability of occurrence of a human-robot collision)がBest paper award を受賞しました.
The paper entitled "Potential runaway motion volume in task space for estimating the probability of occurrence of a human-robot collision" authored by Professor Yamada and others won the Best Paper Award at The 2018 IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics.
・2018.8 山田教授が瀋陽にて開催された The 2018 IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics にて,パーソナルケアロボットの安全技術を演題とした基調講演を行いました.
Prof. Yamada gave a plenary talk entitled the safety technology for personal care robot at IEEE ISR in Shenyang.
・2018.8 Rajaeiさんがオランダにて開催された IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics にて,転倒時の手首の損傷に関する研究を発表しました.
Dr. Rajaei gave a presentation on the assessment of injuries caused by falling using a FEM simulator at IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics.
・2018.8 山田教授, Rajaeiさんらが瀋陽にて開催された The 2018 IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics にて, 人・ロボット協調運転での安全性に関する研究および,転倒時の手首の受傷軽減に関する研究を発表しました.
Prof. Yamada and Dr. Rajaei gave presentations on the safety for human-machine collaborative operation, and mitigation of wrist injuries in falling, respectively, at The 2018 IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics in Shenyang, China.
・2018.7 XiangさんらがWorld Congress of Biomechanics にて,脊髄に加わる圧縮力に関する研究を発表しました.
Mr. Xiang gave a research presentation about compression forces imposed on the bone at the lumbar spine at 8th World Congress of Biomechanics.
・2018.7 Abdolshahさんらが執筆した転倒時の手首の損傷に関する論文"Longitudinal rollover strategy as effective intervention to reduce wrist injuries during forward fall"がIEEE Robotics and Automation Letters に採択されました.
An article about wrist injuries authored by Dr. Abdolshah and others was accepted by IEEE RAS Letters.
・2018.7 東さん,岡本准教授,山田教授が執筆した振動による硬さ知覚に関する論文がIEEE Transacations on Haptics に採択されました.
A research article "Perceived hardness through actual and virtual damped natural vibration" authored by Mr. Higashi, Dr. Okamoto, and Dr. Yamada was accepted by IEEE Transactions on Haptics.
・2018.7 博士研究員として,藤川 達夫さんが着任しました.
Dr. Fujikawa was appointed to a postdoc researcher.
・2018.6 東北大学の永野助教,昆陽准教授らと岡本准教授らの触感ディスプレイに関する共同研究が,Pisaで開催された学会 EuroHapticsにてBest poster award を受賞しました.
A collaborative research with Dr. Nagano and Dr. Konyo from Tohoku University was awarded at EuroHaptics conference held in Pisa.
・2018.6 東さん,岡本准教授らがPisaで開催された学会EuroHapticsにてヒトの硬さ知覚の原理に関して発表しました.
Dr. Okamoto gave a presentation about the principles of hardness perception at EuroHaptics conference in Pisa.
・2018.6 難波さん,山田教授が執筆した論文 Risks of Deep Reinforcement Learning Applied to Fall Prevention Assist by Autonomous Mobile Robots in the Hospital が,Big Data and Congnitive Computing に掲載されました.
Our research article entitled "Risks of Deep Reinforcement Learning Applied to Fall Prevention Assist by Autonomous Mobile Robots in the Hospital " authored by Mr. Namba and Prof. Yamada was accepted by Big Data and Congnitive Computing.
・2018.6 北九州市で開催された日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会にて,当研究室から, 人間ロボット協調生産システム,歩行支援スーツ/ロボット,転倒シミューレータ,素材触察時の作用力の分析, ラバーハンドイリュージョン,足関節ストレッチング機械,深層学習のロボットへの適用リスクについて発表しました.
At Robomech'2018, we gave presentasions on a human-robot collaboration system, walking-assist suit and robot, fall simulator, analysis of contact force during tactile exploration, rubber hand illusion, and foot stretching machine, and risks of deep reinforcement learning applied to robots.
・2018.5 A research article "Modeling semantically multilayered affective and psychophysical responses toward tactile textures" authored by Dr. Nagano and others was accepted by IEEE Transactions on Haptics.
・2018.3 難波さん,山田教授が執筆した論文 Fall risk reduction for the elderly by using mobile robots based on deep reinforcement learning が,Journal of Robotics, Networking and Artificial Life に掲載されました.
Our research article entitled "Fall risk reduction for the elderly by using mobile robots based on deep reinforcement learning" authored by Mr. Namba and Prof. Yamada was published in Journal of Robotics, Networking and Artificial Life.
・2018.3 岡田さんが日本バーチャルリアリティ学会より,ハプティック・インタフェースに関する研究にて学術奨励賞(第22回大会) を受賞しました.
Mr. Okada received Academic Award from Virtual Reality Society of Japan for his study on a haptic interface.
・2018.3 劉さん,陶さんらが焼津市で開催された第23回ロボティクスシンポジアにて, 装着型ロボット使用時における歩行時の接触部挙動および皮膚負荷の計測および, 椎間関節位置の推定に関する研究を発表しました.
Ms. Ryu and Mr. Tou gave presentations about the measurement of the contactor's behaviors during walking when using wearable robot, and estimation of intervertebral joint location on lumbar spine at 22nd Robotics Symposia, in Yaidzu city.
・2018.3 尾崎さん,山川さん,内藤さん,久保木さん,宮田さん,岡田さん,鬼頭さん,Kirschnerさんらが名古屋市で開催された 東海支部第67期総会・講演会 TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2018 (TEC18)にて,ロボット装着時の皮膚創傷, シルバーシミュレーション,アシストスーツ,パワーアシストロボット, 転倒リスク,人の触知覚,産業用ロボットからの回避動作,協調作業おける保護間隔距離に関する発表をしました.
Mr. Ozaki, Mr. Yamakawa, Mr. Naito, Mr. Kuboki, Ms. Miyata, Mr. Okada, Mr. Kitou, and Ms. Kirschner presented their studies on wounds acompanied with wearable robots, patient simulator, assist suit, power assist robot, fall risk, haptic perception, avoidance motion from industrial robot, and protection interval distance for human-robot cooperative work, respectively, at TEC18 in Nagoya.
・2018.2 東さんらが第18回SICE SI部門講演会にて優秀講演賞(タップによる硬さ知覚: 物体の動剛性に基づく硬さ知覚特性の推定)を受賞しました.
Higashi et al. won the Excellent Presentation Award at 18th SICE SI conference for their work about the hardness perception.
・2018.2 岡田さんらが執筆したDiscriminability of virtual roughness presented by a passive haptic interface が,Transactions on Human Interface Societyに採択されました.
Our research article entitled "Discriminability of virtual roughness presented by a passive haptic interface interface" written by Okada et al. was accepted by Transactions on Human Interface Society.
・2018.1 本研究室のMaoさんが博士号(工学)を授与されました.
Ms. Mao received a Ph.D in engineering.
・2018.1 Our research article "A three-dimensional skin-shape reproduction mechanism for evaluating the risk of wounds when using a wearable robot" was accepted to appear at SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration.
・2017.12 東さん,伊藤さん,山川さんらが仙台市で開催された第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2017)にて,人の触知覚,触感ディスプレイ,シルバーシミュレーションに関する研究を発表しました.
・2017.12 金さんが台湾で開催された 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integrationにて, 電波式安全センサに関する研究を発表しました.
・2017.10 伊藤さんらがIEEE GCCE 2017 にて, 触感ディスプレイに関する研究発表を行い,Excelent poster award を受賞しました.
・2017.10 山田さん,伊藤さん,大橋さん,福井さん,木村さん,岡本講師,秋山助教らがカナダで開催された IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics にて, 足関節ストレッチング機械,触感ディスプレイ,アシストスーツ,人の歩行動作に関する研究発表を行いました.
・2017.10 秋山助教らが執筆した,人の歩行動作に関する論文 Gait momotion for naturally curving variously shaped corners が, Advanced Roboticsに採択されました.
・2017.9 渡辺さん, 岡田さんらが徳島県で開催された第22回日本バーチャルリアリティ学会大会にて, 足裏感覚の錯覚と受動的なハプティックインタフェースについて講演しました.
・2017.9 岡本講師,山田教授らの論文 Specification of individuality in causal relationships among texture-related attributes, emotions, and preferences (International Journal of Affective Engineering) が感性工学会論文賞を受賞しました.
・2017.9 Maoさんらが埼玉県で開催された第35回日本ロボット学会学術講演会にて, 次世代ロボット機器等の安全の妥当性を確認するための模擬皮膚(dummy skin)の開発について発表しました.
・2017.9 難波さんらが9月3日-6日に埼玉大学(埼玉県)で開催された日本機械学会2017年度年次大会にて, 深層強化学習を用いた移動ロボットによる高齢者のための転倒防止アシストについての研究 について発表しました.
・2017.9 毛さんらが執筆した, Characteristics of dummy skin contact mechanics during developing process of skin abrasion trauma がTribology Letters に掲載されました.
・2017.9 Abdolshah さんらが,ポルトガルで開催された IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication にて,ヒトが転倒するときの手腕の動きに関する発表を行いました.
・2017.8 佐藤さん,岡本講師,山田教授が執筆した, Wearable finger pad deformation sensor for tactile textures in frequency domain by using accelerometer on finger side がRobomech Journalに掲載されました.
・2017.6 東さん,岡本講師らが,ドイツで開催されたIEEE World Haptics Conference にて, ヒトが物体の硬さを知覚するメカニズムに関する発表を行いました.
・2017.5 Abdolshahさんがシンガポールで開催されたIEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)にて, 転倒リスクに関する発表を行いました.
・2017.5 本研究室の卒業生である久保さんが,「装着型ロボットを用いた患者シミュレータ」 に関する研究発表にて,日本機械学会 若手優秀講演フェロー賞を受賞しました.
・2017.5 秋山助教,大橋さん,福井さんらが日本機械学会主催のRobomechにて,人間の歩行解析,装着型アシストスーツ, 装着型ロボットの安全性について発表しました.
・2017.4 Imaizumiさんらが執筆した, Friction perception resulting from laterally vibrotactile stimuli のRobomech Journal への掲載が決定しました.
・2017.4 Maoさんらが著者である, Safety verification method for preventing friction blisters during utilization of physical assistant robots のAdvanced Robotics への掲載が決定しました.
・2017.4 博士研究員として,渡辺 亮さん, 万 象隆さん,Bui Dinh Baさん,Rajaei Naderさんが着任しました.
・2017.3 東さんが,名古屋大学 大学院工学研究科 機械系 中間審査会にてベストプレゼンテーション賞(ヒューマン・ロボットシステム領域) を受賞しました.
・2017.3 秋山助教が,「装着型ロボット装着者のリスク要因に関する研究」について,日本機械学会 東海支部 奨励賞を受賞しました.
・2017.3 櫛田さん,境さん,武田さん,難波さんらが,ロボティクスシンポジアにて,装着型ロボット装着時の転倒リスク,皮膚創傷リスク, 人間・ロボット協調型の製造ロボットの安全,シーン画像によるリスク推定について発表しました.
・2017.2 伊藤さん, 岡本講師, 山田教授らが,第17回SICE SI部門講演会にて講演した 「鏡像による身体部位の幾何学的拘束の曖昧化によるラバーハンドイリュージョン」の内容について,優秀講演賞を受賞しました.
・2017.2 岡田さん, 岡本講師, 山田教授が,第17回SICE SI部門講演会にて講演した 「DCモータのショートブレーキによる受動的なハプティック・インタフェースを用いたインパクト呈示」の内容について, 優秀講演賞を受賞しました.
・2017.1 難波さんが,宮崎で開催されましたInternational Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB'2017)にて, "Fall Risk Reduction for the Elderly Using Mobile Robots Based on the Deep Reinforcement Learning" と題する発表を行いました.
・2017.1 Kidoma さんらが執筆した Graphical modeling method of texture-related affective and perceptual responses が International Journal of Affective Engineering の vol. 16 に掲載されました.
・2016.12 久保竜さん,東さん,金さん,岡田さん,伊藤謙さんが,札幌で開催されました第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI)にて, "装着型シルバーシミュレータ開発に向けた変形性膝関節症患者の動作模擬", "タップに基づく硬さ知覚における二次振動モードの影響""電波式センサを用いた人間存在検知性能の調査", "DCモータのショートブレーキによる受動的なハプティック・インタフェースを用いたインパクト呈示", "Ultimate tactile texture display: 機械的変位刺激および静電摩擦刺激を併用した触感ディスプレイ" と題する発表を行いました.
・2016.12 東さん,伊藤謙さん,岡田さん,磯貝さん,長谷川さん,Hatemさん,岡本講師,山田教授らが,Asia Haptics Conferenceにて, 硬さ知覚,触感テクスチャディスプレイ,触診用シミュレータ,受動型ハプティックインタフェース,タッチ検出技術に関して発表しました.
・2016.10 久保さん,岡田さんが,ブダペストで開催されました IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)にて, 膝関節症患者のシミュレータおよび,受動型ハプティックインタフェースに関する研究を発表しました.
・2016.7 難波さんが,日本機械学会2016年度年次大会にて, 「移動ロボットによる高齢者のための転倒防止アシストについての研究 (転倒リスク分析のため環境認識へのDeep Convolutional Neural Networkの適用)」と題する発表を行いました. [発表内容]
・2016.7 2018年後期からの博士研究員の公募(募集期間2016年9月9日まで) [公募内容]
・2016.7 東紘右さん,伊藤謙さんらが,ロンドンで開催されましたEuro Haptics2016にて,それぞれ "What is the Hardness Perceived by Tapping?", "触覚フィードバックおよび視触覚的注意による強いラバーハンドイリュージョン生起の試み"と題する発表を行いました。
・2016.7 尾﨑岳さんが,沖縄で開催されましたICEE2016 Okinawaにて, "Proposal of Novel Hybrid-MEID Mechanism for Shock Response Control -A Method with Time-Difference-Operation of Passive and Active Motions-"と題する発表を行いました。
・2016.6 武田さん,久保さん,伊藤さん,東さん,尾崎さん,大橋さんらが,横浜で開催されましたロボティクス・メカトロニクス講演会2016にて, それぞれ"人間が眼部とロボットとの衝突を避けるための回避特性を考慮した初期分離距離に関する研究", "装着型ロボットを用いた患者シミュレータ~変形性膝関節症患者の着座起立動作の模擬と負担推定~", "ラバーハンド周辺の視触覚的注意が身体錯覚を強くする","タップによる硬さ知覚とは何か?", "エネルギー直動回転変換機構を用いた月惑星着陸機構の基礎研究―1次元実験システムによる検討―", "ワイヤーを用いた歩行補助およびワイヤーパスの最適化に関する研究" と題する発表を行いました.
・2016.3 東さんが,2015年度日本機械学会畠山賞を受賞しました.
・2016.3 久保さんらが,長崎で開催されたロボティクス・シンポジアにて,患者シミュレータに関する発表を行いました.
・2016.1 岡本助教らが第16回 SICE SI部門講演会にて発表した,質感の個人差のモデル化方法に関する研究が,優秀講演賞を受賞しました. 「触に関する知覚・感性・嗜好の個人差: 意味的階層構造からのアプローチ」(受賞者: 岡本正吾, 永野光, 木戸間健佑, 山田陽滋)に対して.
・2015.12 ロボティクス・動力学分野の博士研究員募集(締め切り2016年1月15日) [公募内容]
・2015.12 佐藤さん,肥後さん,松井さん,東さんらが,名古屋で開催されましたSI2015にて, それぞれ「指腹側部の変形から指腹変形を推定する技術」, 「歩行時の装着型パワーアシストロボットと装着者の動作不整合が引き起こすバランスへの影響」, 「水平方向速度に対するロバスト性を向上させる月惑星探査機の展開型着陸脚モジュールの提案」, 「仮想物体と実物体のタップ時に生じる減衰固有振動による硬さ知覚」と題する発表を行いました.
・2015.11 久保さんが,横浜で開催されましたIECON2015にて, "Patient Simulator Using Wearable Robot: Representation of Invariant Sitting-down and Standing-up Motions of Patients with Knee-OA"と題する発表を行いました。
・2015.10 光岡さん,佐藤さん,櫛田涼太さん,東さんらが,香港で開催されましたIEEE SMC2015にて, それぞれ"Analysis of Skip Motion as a Recovery Strategy after an Induced Trip", "Wearable finger pad sensor for tactile textures using propagated deformation on a side of a finger : Assessment of accuracy", "An analysis of Recovery Motion of A Man Wearing A Physical Assistant Robot in Response to Collision", "Effects of Mechanical Parameters on Hardness Experienced by Damped Natural Vibration Stimulation"と題する発表を行いました。
・2015.10 原准教授と前田研究員が 航空宇宙工学専攻 構造・制御講座 制御システム工学研究グループ へ異動しました.
・2015.9 難波さんが,札幌で開催されました日本機械学会 2015年度年次大会にて, "移動ロボットによる高齢者のための転倒防止アシストについての研究"と題する発表を行いました。
・2015.9 久保さんが,福岡で開催されましたLIFE2015にて, "運動機能障がい者の普遍的動作を模擬する装着型運動機能障害シミュレータ ―変形性膝関節症患者の動作模擬実験―"と題する発表を行いました。
・2015.9 Maoさんが, 8th Asian Pacific Conference on Biomechanics(札幌)にて "A Study on a Novel Safety Verification Method for Generating Experimental Friction Blisters"と題する研究発表を行いました.
・2015.9 丹羽特任准教授、岡本助教、前田研究員、Ullauriさん、工藤君、久保君らが、 日本ロボット学会学術講演会 にて安全技術、安全基準、月惑星探査機、ハプティクス、患者シミュレーションに関する研究発表を行いました。
・2015.8 山田陽滋教授が,「生活支援ロボットの安全検証技術の開発と標準化」に対する貢献により、内閣総理大臣賞を受賞しました。 内閣府HP
・2015.8 Maoさん、Beltran Ullauriさんらが、シンガポールで開催されましたリハビリテーション・ロボティクスに関する国際会議 (IEEE ICORR)にて、 それぞれ"Development of a Novel Test Method for Skin Safety Verification of Physical Assistant Robots","Muscle Activity Restriction Taping Technique Simulates the Reduction in Foot-Ground Clearance in the Elderly"と題する発表を行いました。
・2015.7 Beltran UllauriさんがThe 17th International Conference on Advanced Robotics(17th ICAR2015),(トルコ)にて、"On the EMG-based Torque Estimation for Humans Coupled with a Force-Controlled Elbow Exoskelton"と題する研究成果発表を行いました。
・2015.7 原准教授(減災連携研究センター兼任教員)が、名古屋大学減災連携研究センター 第51回ランチタイム勉強会 において講師を担当し、 減災をテーマにした新しいタイプの全学教育科目「基礎セミナー」実施の可能性について解説しました。
・2015.7 前田さんが、JAXA 2015年度アストロダイナミクスシンポジウム(相模原)にて、 「天体表面特性を考慮した探査ロボットの跳躍機構に関する検討」と題する研究成果発表を行いました。
・2015.7 松井さんがThe 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS),(神戸)にて、無飛翔型MEID機構によるロバスト着陸脚に関する研究成果発表を行いました。
・2015.6 櫛田陽平さんと前田さんが、日本機械学会第14回「運動と振動の制御」シンポジウム(宇都宮)にて、 それぞれ、「2マスばね系の動特性に基づいた衝撃応答制御に向けて」、「月惑星着陸船の運動解析と脚減衰力制御による転倒防止法」と題する研究成果発表を行いました。
・2015.6 櫛田陽平さんが、日本機械学会 機械力学・計測制御部門 A-TS 10-33 機械工学における力学系理論の応用に関する研究会(京都) にて、衝撃入力により分離する2マスばね系のダイナミクスに関する話題提供を行いました。
・2015.3 鈴木さん、松井さん、佐伯さん、櫛田陽平さん、西山さんが、 日本機械学会東海支部第64期通常総会・講演会 (Tokai Engineering Complex 2015, TEC15)(愛知) にて、それぞれ、搬送物の転倒防止を考慮したアシストシステムの突発的外乱に対するロバスト性評価実験、 無飛翔型MEID機構を用いた月惑星探査機の着陸応答制御、Launch Trajectory Control of Separable Mass of BESM (Its Application to Lunar/Planetary Exploration Spacecraft Landing Problem)、衝撃を味方につけるモデリング(拘束を有する2マスばね系のダイナミクス)、 ヒューマンエラーが引き起こす至近距離でのロボット手先動作に対する回避動作特性に関する研究成果発表を行いました。  
・2015.3 吉田さんが、第20回ロボティクス・シンポジア (軽井沢) にて、装着型ロボットによる創傷リスク見積もりのための妥当性確認試験装置の開発に関する研究成果発表を行いました。
・2015.3 櫛田陽平さんが、The IEEE International Conference on Mechatronics 2015 (ICM 2015)(名古屋) にて、外部入力により分離する2マスばね系のダイナミクスに関する研究成果発表を行いました。
・2015.2 櫛田陽平さんが、第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)優秀講演賞を受賞しました。
・2015.1 松井さんが、第15回宇宙科学シンポジウム(相模原) にて、無飛翔型MEID機構の提案と月惑星探査機着陸脚への応用に関する研究成果発表を行いました。  
・2014.12 櫛田陽平さんが、第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(東京) にて、外部入力により分離する2マスばね系の運動量交換に関する考察について、研究成果発表を行いました。  
・2014.12 山田南欧美さんが、第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(東京) にて、理学療法士の内反尖足に対するストレッチング手技の調査に関する研究成果発表を行いました。  
・2014.12 永野さん、奥村さん、東さんが、第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(東京) にて、触覚の階層モデル、足関節機能障害シミュレータ、減衰固有振動による硬さ知覚に関する研究成果発表を行いました。  
・2014.12 肥後さんが、IEEE International Cnferrence on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2014)(Bali, Indonesia) にて、"Analysis of Recovery Motion of Human to Prevent Fall in Response to Abnormality with a Physical Assistant Robot"に関する研究成果発表を行いました。
・2014.11 原准教授が、The 2014 CACS International Automatic Control Conference (CACS 2014)(台湾・高雄) にて、終端状態制御問題におけるオーバーシュート/アンダーシュート抑制に関する研究成果発表を行いました。 (JUACEP留学生 Fu-Long Chang君の研究成果です。) 
・2014.11 岡本助教、永野さん,今泉さん、奥村さんが、Asia Haptics 2014 (つくば) にて、装着型膝関節障害シミュレータ、慣性の錯覚を生む触覚デバイス、振動刺激による摩擦知覚、装着型足関節障害シミュレータに関する研究成果発表を行いました。
・2014.11 原准教授が、日本機械学会機械力学・計測制御部門 平成26年度東海ダイナミクス・制御研究会(愛知)において講師を担当し、近未来の月惑星探査機への実装を目指した新しい着陸機構の研究について解説しました。 
・2014.9 佐伯さんが、The 65th International Astronautical Congress (IAC 2014) (カナダ・トロント) にて、親機子機分離着陸機構を有する月惑星探査機への伸縮脚の応用に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.8 原准教授が、The 12th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC 2014)(札幌)にて、複数機械システムの連結および協調のためのマニュアルモーションコントロールに関する研究成果発表を行いました。
・2014.5 原准教授が、ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(富山) にて、親機子機分離着陸機構を用いた月惑星探査機の斜面への着陸に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.5 西山さんが、ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(富山) にて、暴走時の自己診断機能による制動運動を仮定したロボットエンドエフェクタと眼球の衝突確率の見積もりに関する研究成果発表を行いました。 
・2014.5 肥後さんが、ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(富山) にて、装着型パワーアシストロボット関節部のトルク異常と転倒リスクの関係性に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.5 永野さんが、ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(富山) にて、触覚を表現する言葉の多界層モデルの構築に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.5 今泉さんが、ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(富山) にて、せん断方向に非対称な振動触刺激による摩擦知覚現象に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.5 奥村さんが、ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(富山)にて、 装着型機構による内反尖足の模擬に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.5 原准教授が、第26回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(盛岡) にて、ロバストパワーアシストシステムの段差越えのための搬送物転倒防止制御に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.3 鈴木さん(25年度機械システム研修配属3年生)が、 日本機械学会東海支部第63期総会・講演会(名古屋)にて、搬送物の転倒防止を考慮したロバストパワーアシストシステムの段差越え実験に 関する研究成果発表を行いました。 
・2014.3 吉浦さんがThe 13th IEEE International Workshop on Advanced Motion Control (AMC 2014)(横浜)にて、更新型終端状態制御の提案とその連結制御問題への応用に関する研究成果発表を行いました。 
・2014.3 岡本助教、石黒さん、大川さんが第19回ロボティクスシンポジア(神戸)にて、 ハプティクス、滑り覚センサ、人間の危害回避動作の個人差に関する研究成果発表を行いました。
・2014.2 吉浦さんが、第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)優秀講演賞を受賞しました。 
・2014.2 原准教授がThe 2014 IEEE International Conference on Industrial Technology (IEEE-ICIT 2014)(韓国・釜山)にて、小型台車の壁面への衝突時の衝撃応答抑制問題に対するPMEID適用の検討に関する研究成果発表を行いました。(JUACEP留学生 Zhenyu GAN君の研究成果です。)
・2014.1 石川(凌)さんが第14回宇宙科学シンポジウム(相模原)にて、親機子機分離機構を備えた月惑星探査機着陸機構の2次元シミュレーションに関する研究成果発表を行いました。
・2013.12 吉浦さんが第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(神戸)にて、複数機械システムの連結に関して、なめらかな連結を実現する制御系設計法に関する研究成果発表を行いました。
・2013.11 櫛田さんが第56回自動制御連合講演会(新潟)にて、MEID機構を用いた衝撃応答制御問題に関して、1-MEID機構の複数脚着陸機構への適用についての検討結果の成果発表を行いました。
・2013.10 渡辺さんが第57 回宇宙科学技術連合講演会(米子)にて、2次元解析と複数MEIDを用いた惑星探査機の着陸応答制御に関する研究成果発表を行いました。
・2013.9 渡辺さんがThe 64th International Astronautical Congress (IAC 2013)(中国・北京)にて、惑星探査機着陸脚への複数MEIDの応用に関する研究成果発表を行いました。
・2013.9 吉浦さん、奥村さんがSICE Annual Conference (SICE 2013)(名古屋)にて、Manual Motion Control Realizing Invariant Maneuverability for a Connected Mechanical System Permitting Configuration Variation,Wearable Dummy to Simulate Equinovarus for Training of Physical Therapistsに関する研究成果発表を行いました。
・2013.6 原准教授がThe 8th IEEE Conference on Industrial Electronics and Applications (ICIEA 2013)(オーストラリア・メルボルン)にて、意図しない入力を考慮したパワーアシスト制御器設計に関する研究成果発表を行いました。
・2013.6 佐伯さんがthe 29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS)(名古屋)にて、親機子機分離着陸型惑星探査機に関する研究発表を行いました。
・2013.5 佐伯さんがthe 22nd IEEE International Symposium on Industrial Electronics (ISIE 2013)(台湾・台北)にて、脚部飛翔型惑星探査機着陸機構に関する研究発表を行いました。
・2013.5 湯地さん(24年度卒業研究生)が日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013(茨城)にて、複数の機械システムの協調に基づいたパワーアシストシステムの制御手法に関する研究発表を行いました。
・2013.3 原准教授が電気学会東海支部専門講習会「産業機器における超精密位置決め制御」(愛知)において講師を担当し、柔軟構造物のパワーアシスト搬送のための制振から位置決めへの切り換え制御手法について解説しました。
・2013.3 祭貴さん(24年度機械システム研修配属3年生)が、日本機械学会東海支部第62期総会・講演会(三重)にて、搬送物の転倒防止を考慮したパワーアシスト台車のフィードバックゲインチューニングに関する研究発表を行いました。
・2013.1 原准教授が、第 13回宇宙科学シンポジウム(神奈川)にて、惑星探査機の着陸システム(発展型GMEID機構:GMEID-Advanced)に関する研究発表を行いました。
・2012.12 永野さん、松井さん、吉浦さんが、第13回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(福岡)にて、なぜ人は触れてみたいと思うのか、指に掛かる力の知覚における皮膚感覚と自己受容感覚の寄与率、パワーアシスト台車の主観評価実験に関する研究発表を行いました.
・2012.12 伊藤特任講師が離任し、山梨大学大学院医学工学総合研究部に准教授として着任しました。
・2012.10 服部さんが、 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2012)(ポルトガル・ヴィラモウラ)にて、 人間の回避動作特性に関する研究発表を行い、NTF Award for Entertainment Robots and Systemsのファイナリストに選出されました。
・2012.10 研究室旅行で奈良・大阪に行きました。 写真
2012.8 岡本助教、秋山さん、岡本球夫さん、服部さん、砂田さん、松浦さんが、 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (Ro-Man 2012)(フランス・パリ)にて、 ハプティクス、装着型ロボット、歩行者の行動判断モデル、人間の回避動作特性、 外挿シミュレーションに関する研究発表を行いました。写真
2012.9 湯地さんと原准教授が、 日本機械学会2012年度年次大会(石川)にて、 それぞれパワーアシスト台車の搬送物転倒防止ならびにロバストなスロープ上の柔軟構造物搬送に関する研究発表を行いました。
2012.8-9 吉浦さん石黒さんが、 JUACEPの Summer Programにてミシガン大学へ留学をしてきました。
2012.8 原准教授が、 The 2012 AIAA Guidance, Navigation, and Control Conference(GNC 2012)(米国・ミネアポリス)にて、 ハイブリッド型MEID機構(HMEID機構)を用いた惑星探査機の着陸制御に関する研究成果発表を行いました。
2012.7 吉浦さんが、 The 2012 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(台湾・高雄)にて、 柔軟構造物搬送のためのパワーアシストシステムに関する研究発表を行いました。
2012.6 永野さんが、 EuroHaptics 2012(フィンランド・タンペレ)にて、 ハプティクスに関する研究発表を行いました。
2012.5 永野さん、浅野さん、石黒さん、吉浦さんが、 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012(静岡)にて、 ハプティクス、人間装着型ロボット、パワーアシストシステムに関する研究発表を行いました。 写真
2012.4 伊藤特任講師が着任しました。
2012.3 櫛田さんが、2011年度日本機械学会三浦賞を、 吉浦さんが、計測自動制御学会中部支部第43期支部賞学業優秀賞を受賞しました。
2012.3 吉浦さんが、日本機械学会東海支部第61期総会・講演会(愛知)にて、 パワーアシスト台車による柔軟構造物の搬送に関する研究発表を行いました。
2012.3 岡本助教、秋山さん、岡本球夫さん、服部さん、山本さんが、 第17回ロボティクスシンポジア(山口)にて、 ハプティクス、装着型ロボットの安全性評価、歩行者の行動判断モデル、人間の回避動作特性、安全ビジョンに関する研究発表を行いました。
2012.2 元研究員 藤本さんが、2011年度計測自動制御学会学術奨励賞・技術奨励賞を受賞しました。
2012.1 渡辺さんが、 第12回宇宙科学シンポジウム(神奈川)にて、 惑星探査機の着陸システムに関する研究発表を行いました。
2011.12 原准教授が、 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(Sl2011)(京都)にて、 柔軟構造物のパワーアシスト搬送に関するキーノート講演を行いました。
2011.12 岡本助教、山本さん、松井さんが、 2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE-ROBIO 2011)(タイ・プーケット)にて、 ハプティクス、ビジョンシステムに関する発表を行いました。
2011.11 石川さん、永野さんが、 日本VR学会力触覚の提示と計算研究会第7回研究会(愛知)にて、 ハプティクスに関する研究発表を行いました。
2011.11 吉浦さんが、 第54回自動制御連合講演会(愛知)にて、機械構造物の搬送に関する研究発表を行いました。
2011.11 原准教授が、 The 37th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2011)(オーストラリア・メルボルン)にて、 制振から位置決めに切り換わるモード切り換え型パワーアシスト制御の 研究成果に関する発表を行いました。
2011.9 松井さんが、 日本機械学会 2011年度年次大会(東京)にて、 ハプティクスに関する研究発表を行いました。
2011.9 山田教授、秋山さん、丹羽さん、服部さん、伊藤聡一郎さん、砂田さんが、 第29回日本ロボット学会学術講演会(東京)にて、 装着型ロボットの安全性評価、機能安全、人間の回避動作、眼部衝突実験、人間・ロボット衝突シミュレータに関する研究発表を行いました。
2011.8 服部さんが、 日本視覚学会2011年夏季大会(福岡)にて、 人間の回避動作に関する研究発表を行いました。
2011.7 丹羽さん、岡本球夫さん、服部さん、山本さんが 安全工学シンポジウム2011(東京)にて、 機能安全、衝突回避行動モデル、人間の回避動作、ビジョンシステムに関する研究発表を行いました。
2011.6 櫛田さんが,日本機械学会 第12回「運動と振動の制御」シンポジウム(MOVIC2011)(長野)にて、惑星探査機の着陸時の衝撃応答制御に関する研究発表を行いました。
2011.6 永野さんが,IEEE - World Haptics Conference (WHC) 2011(トルコ・イスタンブール)にて、ハプティクスに関する研究発表を行いました。
2011.6 櫛田さんが,The 28th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS)(沖縄)にて、惑星探査機の着陸時の衝撃応答制御に関する研究発表を行いました。
2011.5 岡本助教が、「複数触感因子の遠隔伝達技術および通信遅延が知覚へ与える影響に関する研究」 に対し、船井情報科学振興財団研究奨励賞を受賞しました。
2011.5 櫛田さんが,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 ベストプレゼンテーション表彰を受賞しました。
2011.5 山田教授、岡本助教、秋山さん、櫛田さん、永野さん、松井さん、石川さんが、 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 にて、人間装着型ロボット、パワーアシストシステム、ハプティクスに関する研究発表を行いました。
2011.5 永野さんが、 The 4th International Conference on Human System Interaction にて、ハプティクスに関する研究発表を行い、Best Presentation Award を受賞しました。
2011.4 秋山研究員が着任しました。