支援ロボティクスグループは、持続的社会のために真に役立つ人間支援機械系の研究開発を行動指針とし、 安全知能学グループ(2008年発足)を前身として,2017年度に発足しました。
In 2008, we launched the academy for safety intelligence (ASI) to create the interdisciplinary framework for the sustainable society and research of human-assistive machines. In 2017, the research team was renewed as the assistive robotics group. (研究グループからのメッセージ/Message from our group

News

・2018.12
"Hardness perception based on dynamic stiffness in tapping" coauthored by Mr. Higashi, Dr. Okamoto, Dr. Yamada and a team of Tohoku University was accepted by Frontiers in Psychology.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.12
岡田さんと江原さん,白石さん,長谷川さんらがそれぞれ,感性のダイナミクス,足部ストレッチング機械, ラバーハンドイリュージョンに関する研究発表を,SICE SI2018にて行いました.
Mr. Okada and Ehara, Shiraishi, and Hasegawa talked at System Integration Conference in Osaka, representing the laboratory, respectively, on the researches about affective dynamics, rehabilitation machine, and rubber hand illusion.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】   【運動・感覚 Haptics】

・2018.11
難波さんが名古屋で開催された第13回医療の質・安全学会学術集会にて, 人工知能を用いた患者の転倒転落リスクアセスメント自動化と見守りアシストシステムに関して発表しました. また,山田教授が企画した医療現場での利活用が期待されるAI・ロボティクスに関する同学術集会のシンポジウムにて, 難波さんが人工知能を用いた患者の転倒転落リスクアセスメント自動化とリスク低減方法に関して発表しました.
Mr. Namba gave a presentation about the automatic fall risk assessment and nursing assistant system for the patients at the 13th Annual Congress of Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare held in Nagoya. He also gave a presentation at the symposium organized by Prof. Yamada in the same congress.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】

・2018.11
長谷川さんらが韓国で開催されたAsiaHaptics 2018にて,ラバーハンドイリュージョンに関する研究発表を行いました.
Mr. Hasegawa gave a presentation about "Rubber hand illusion" at AsiaHaptics 2018.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.11
A research article entitled "Layered-modeling of affective and sensory experiences using structural equation modeling: Touch experiences of plastic surfaces as an example" authored by Dr. Okamoto and others was accepted by IEEE Transactions on Affective Computing.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.10
金さん,Kirshnerさんらがフランスにて開催されたSIAS 2018にて,電波式センサシステムおよび人・ロボット協調時のリスク分析 に関する研究を発表しました.
Mr. Kim and Ms. Kirshner gave presentations about "Radio Wave Sensor System Which Enables Determination of Protective Separation Distance", and "Probabilistic Risk Analysis of Human-Robot Collaboration Using the Interference Theory" at 9th International Conference on Safety of Industrial Automated Systems 2018 held in France.
関連ページ: 【人・ロボット協調 Collaborative】

・2018.10
長谷川さんらが宮崎で開催されたIEEE SMC 2018にて,触知覚に関する研究発表を行いました.
Mr. Hasegawa gave a presentation about the tactile texture perception at IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics in Miyazaki.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.9
難波さんが2018年9月に大阪で開催された日本機械学会2018年度年次大会にて, 深層学習を用いた外来患者の一次スクリーニング自動化と転倒転落事故防止見守りアシストシステムに関する研究発表を 行いました.
Mr. Namba gave a presentation about "Automatic primary screening and nursing assistant system preventing the outpatients from falling by using deep learning" at JSME'2018 held in Osaka.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】

・2018.9
Sakaiさんらが執筆した装着ロボット使用時の皮膚損傷に関する論文"Evaluation of effects caused by individual differences in human shape that affect the safe utilization of wearable robots"がRobomech Journal に掲載されました.
A research article about skin injuries while using a power assist robot appeared on Robomech Journal.
関連ページ: 【装着型ロボット Wearable】

・2018.9
山川さん,伊藤さん,岡本准教授らが,第36回日本ロボット学会学術講演会にて シルバーシミュレーション(患者シミュレーション)およびラバーハンドイリュージョンに関する研究発表を行いました.
Mr. Yamakawa, Mr. Itoh, and Dr. Okamoto gave presentations on the patient simulation and rubber hand illusion at the 36th annual conference of Robotics Society of Japan in Aichi.
関連ページ: 【臨床 Clinical】 【運動・感覚 Haptics】

・2018.9
金さん,仙人さんが春日井市で開催された日本ロボット学会学術講演会にて,「Interference Theory を用いた保護間隔距離への人間の手の 侵入確率の計算」,「電波式センサシステムを用いた人間-ロボット協調作業系での保護間隔距離の低減」,「人間の位置検出を目的とした 安全関連センサシステム構築のためのセンサ配置の最適化」について発表しました.
Mr. Kim and Mr. Sennin gave presentations about "The calculation of the penetration probability of human hands to protection interval distance using Interference Theory" , "The reduction of protection interval distance in human-robot cooperative work system using radio wave sensor system" , and "The optimization of sensor placement for construction of safety related sensor system for human position detection" at RSJ2018.
関連ページ: 【人・ロボット協調 Collaborative】

・2018.9
大橋さん,白石さんらがLIFEにて,歩行アシストスーツおよび足部リハビリテーション機械に関する研究成果を発表しました.
Mr. Ohashi, Shiraishi and others gave presentations about walking assist suits and foot-rehabilitation device at LIFE, an academic conference on assistive techniques, held in Tokyo.
関連ページ: 【臨床 Clinical】 【装着型ロボット Wearable】

過去のニュース/Past news