支援ロボティクスグループは、持続的社会のために真に役立つ人間支援機械系の研究開発を行動指針とし、 安全知能学グループ(2008年発足)を前身として,2017年度に発足しました。
In 2008, we launched the academy for safety intelligence (ASI) to create the interdisciplinary framework for the sustainable society and research of human-assistive machines. In 2017, the research team was renewed as the assistive robotics group. (研究グループからのメッセージ/Message from our group


We'are hosting IEEE ISR (IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics) 2020 (Oct.) in Tokoname-city, Aichi, Japan, calling for 2-4 page peer-reviewed papers.

安全と知能をテーマとした国際会議を2020年10月に愛知県常滑市(セントレア)で開催します. 2-4ページの査読論文のご投稿をお待ちしております.

News

・2019.10
岡本准教授,李さん,岩崎さんらがそれぞれ,ハムノイズを利用したタッチセンサ, せん断力センサおよび動作解析手法に関する研究をIEEE GCCE2019にて発表しました.
Dr. Okamoto, Ms. Li, and Mr. Iwasaki presented their researches on a touch sensor, shear force sensor, and motion analysis method at IEEE GCCE2019 2019.

・2019.10
工藤さんらが執筆した腰痛リスクの見積もりに関する論文が Robomech Journal より出版されました.
A research article coauthored by Mr. Kudo and Prof. Yamada on the risk curves for low-back pains was published from Robomech Journal.

・2019.9
転倒時の衝撃に関する研究論文"Investigation into hand impact force during forward falls on uneven terrain" が International Journal of Precision Engineering and Manufacturingに採択されました.
Our article entitled "Investigation into hand impact force during forward falls on uneven terrain" was accepted by International Journal of Precision Engineering and Manufacturing.

・2019.9
仇さん,岩崎さんらがそれぞれ,立ち上がり動作の解析および歩行のばらつき評価指標に関する研究を 慶応大学で開催されたLIFE2019にて発表しました.
Mr. Qiu and Iwasaki presented their studies on sit-to-stand motions and gait variebility, respectively, at LIFE2019 conference held in Keio University.
関連ページ: 【臨床・Clinical】

・2019.9
膝疼痛患者の動作を模擬するシルバーシミュレータに関する論文が,IEEE Transactions on Human-Machine Systems にて出版されます.
A research article titled "Knee pain patient simulation for recommendation of sit-to-stand handrail positions" has been published on IEEE Transactions on Human-Machine Systems (vol. 49).
関連ページ: 【臨床・Clinical】

・2019.9
岡本准教授らが,感性ダイナミクスに関する発表として,食事中の味と感性の変化を分析する手法を 芝浦工業大学で開催された感性工学会にて発表しました.
Dr. Okamoto presented a study on an analysis method using the principal motion analysis for affective dynamics at the JSKE annual conference held in Tokyo.
関連ページ: 【感性・Affective】

・2019.9
山田南欧美さんらが,足関節リハビリテーション機械の効果に関する発表を 浜松市で開催された日本支援工学理学療法学術大会にて行いました.
Ms. Yamada and our colleagues presented a study on a rehabilitation machine for stretching ankles at a conference held in Hamamatsu-city.
関連ページ: 【臨床・Clinical】

過去のニュース/Past news