支援ロボティクスグループは、持続的社会のために真に役立つ人間支援機械系の研究開発を行動指針とし、 安全知能学グループ(2008年発足)を前身として,2017年度に発足しました。
In 2008, we launched the academy for safety intelligence (ASI) to create the interdisciplinary framework for the sustainable society and research of human-assistive machines. In 2017, the research team was renewed as the assistive robotics group. (研究グループからのメッセージ/Message from our group

News

・2019.4
秋山助教らが執筆した転倒回避動作の分析に関する研究論文が,Journal of Biomechanical Science and Engineering に掲載されました.
Our article on the analysis of fall avoidance motions after tripping was published in Journal of Biomechanical Science and Engineering.
関連ページ: 【装着型ロボット Wearable】

・2019.3
岡田さんが,成績優秀修了者として日本機械学会三浦賞を受賞しました.
Mr. Okada was awarded JSME Miura award for his highly scholastic achievement.

・2019.3
難波さんが、富山県で開催された第24回ロボティクスシンポジアにて,深層学習を用いた患者の転倒転落リス クアセスメントに関する研究発表を行いました.
Mr. Namba gave a presentation about automatic fall risk assessment method using deep learning at 24th Robotics Symposia held in Toyama.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】

・2019.3
内藤さんらが国際会議IEEE LifeTech 2019 で発表したアシストスーツに関する論文がStudent paper award (1st prize) を受賞しました.
We won the student paper award (1st prize) at IEEE LifeTech 2019 with a paper entitled "Development of a non-actuated wearable device to prevent knee buckling."

・2019.3
岡田さん,白石さん,仇さん,内藤さん,江原さんらが,国際会議IEEE LifeTech 2019 にて,それぞれ 感性ダイナミクス,足部ストレッチング機械,シルバーシミュレータ,アシストスーツに関する研究発表を行いました.
Mr. Okada, Shiraishi, Qiu, Naito, and Ehara gave presentations about affective dynamics, ankle stretching machine, patient simulator, and physical assist suits, respectively, at IEEE LifeTech 2019 held in Osaka.

・2019.2
長谷川さん,岡本准教授,山田教授らが執筆した振動触刺激に関する研究論文が,International Journal of Affective Engineering に採択されました.
A manuscript entitled "Affective vibrotactile stimuli: Relation between vibrotactile parameters and affective responses," was accepted by International Journal of Affective Engineering.
関連ページ: 【ハプティクス Haptics】

・2019.1
山川さん,岡本准教授らが執筆したシルバーシミュレータに関する研究論文が,IEEE Trans. on Human-Machine Systems に採択されました.
A manuscript entitled "Knee pain patient simulation for recommendation of sit-to-stand handrail positions" coauthored by Mr. Yamakawa, Dr. Okamoto et al. was accepted by the IEEE Transactions on Human-Machine Systems.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】

・2018.12
"Hardness perception based on dynamic stiffness in tapping" coauthored by Mr. Higashi, Dr. Okamoto, Dr. Yamada and a team of Tohoku University was accepted by Frontiers in Psychology.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

過去のニュース/Past news