支援ロボティクスグループは、持続的社会のために真に役立つ人間支援機械系の研究開発を行動指針とし、 安全知能学グループ(2008年発足)を前身として,2017年度に発足しました。
In 2008, we launched the academy for safety intelligence (ASI) to create the interdisciplinary framework for the sustainable society and research of human-assistive machines. In 2017, the research team was renewed as the assistive robotics group. (研究グループからのメッセージ/Message from our group

News

・2018.3
難波さん,山田教授が執筆した論文 Fall risk reduction for the elderly by using mobile robots based on deep reinforcement learning が,Journal of Robotics, Networking and Artificial Life に掲載されました.
Our research article entitled "Fall risk reduction for the elderly by using mobile robots based on deep reinforcement learning" authored by Mr. Namba and Prof. Yamada was published in Journal of Robotics, Networking and Artificial Life.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】

・2018.3
岡田さんが日本バーチャルリアリティ学会より,ハプティック・インタフェースに関する研究にて学術奨励賞(第22回大会) を受賞しました.
Mr. Okada received Academic Award from Virtual Reality Society of Japan for his study on a haptic interface.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.3
劉さん,陶さんらが焼津市で開催された第23回ロボティクスシンポジアにて, 装着型ロボット使用時における歩行時の接触部挙動および皮膚負荷の計測および, 椎間関節位置の推定に関する研究を発表しました.
Ms. Ryu and Mr. Tou gave presentations about the measurement of the contactor's behaviors during walking when using wearable robot, and estimation of intervertebral joint location on lumbar spine at 22nd Robotics Symposia, in Yaidzu city.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】 【装着型ロボット Wearable】

・2018.3
尾崎さん,山川さん,内藤さん,久保木さん,宮田さん,岡田さん,鬼頭さん,Kirschnerさんらが名古屋市で開催された 東海支部第67期総会・講演会 TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2018 (TEC18)にて,ロボット装着時の皮膚創傷, シルバーシミュレーション,アシストスーツ,パワーアシストロボット, 転倒リスク,人の触知覚,産業用ロボットからの回避動作,協調作業おける保護間隔距離に関する発表をしました.
Mr. Ozaki, Mr. Yamakawa, Mr. Naito, Mr. Kuboki, Ms. Miyata, Mr. Okada, Mr. Kitou, and Ms. Kirschner presented their studies on wounds acompanied with wearable robots, patient simulator, assist suit, power assist robot, fall risk, haptic perception, avoidance motion from industrial robot, and protection interval distance for human-robot cooperative work, respectively, at TEC18 in Nagoya.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】 【装着型ロボット Wearable】 【人間・ロボット協調 Collaborative】

・2018.2
東さんらが第18回SICE SI部門講演会にて優秀講演賞(タップによる硬さ知覚: 物体の動剛性に基づく硬さ知覚特性の推定)を受賞しました.
Higashi et al. won the Excellent Presentation Award at 18th SICE SI conference for their work about the hardness perception.
関連ページ/See also: 【運動・感覚/Haptics】

・2018.2
岡田さんらが執筆したDiscriminability of virtual roughness presented by a passive haptic interface が,Transactions on Human Interface Societyに採択されました.
Our research article entitled "Discriminability of virtual roughness presented by a passive haptic interface interface" written by Okada et al. was accepted by Transactions on Human Interface Society.
関連ページ/See also: 【運動・感覚/Haptics】

過去のニュース/Past news