支援ロボティクスグループは、持続的社会のために真に役立つ人間支援機械系の研究開発を行動指針とし、 安全知能学グループ(2008年発足)を前身として,2017年度に発足しました。
In 2008, we launched the academy for safety intelligence (ASI) to create the interdisciplinary framework for the sustainable society and research of human-assistive machines. In 2017, the research team was renewed as the assistive robotics group. (研究グループからのメッセージ/Message from our group

News

・2018.7
東さん,岡本准教授,山田教授が執筆した振動による硬さ知覚に関する論文がIEEE Transacations on Haptics に採択されました.
A research article "Perceived hardness through actual and virtual damped natural vibration" authored by Mr. Higashi, Dr. Okamoto, and Dr. Yamada was accepted by IEEE Transactions on Haptics.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.7
博士研究員として,藤川 達夫さんが着任しました.
Dr. Fujikawa was appointed to a postdoc researcher.

・2018.6
東さん,岡本准教授らがPisaで開催された学会EuroHapticsにてヒトの硬さ知覚の原理に関して発表しました.
Dr. Okamoto gave a presentation about the principles of hardness perception at EuroHaptics conference in Pisa.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

・2018.6
難波さん,山田教授が執筆した論文 Risks of Deep Reinforcement Learning Applied to Fall Prevention Assist by Autonomous Mobile Robots in the Hospital が,Big Data and Congnitive Computing に掲載されました.
Our research article entitled "Risks of Deep Reinforcement Learning Applied to Fall Prevention Assist by Autonomous Mobile Robots in the Hospital " authored by Mr. Namba and Prof. Yamada was accepted by Big Data and Congnitive Computing.
関連ページ: 【臨床ロボット Clinical】

・2018.6
北九州市で開催された日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会にて,当研究室から, 人間ロボット協調生産システム,歩行支援スーツ/ロボット,転倒シミューレータ,素材触察時の作用力の分析, ラバーハンドイリュージョン,足関節ストレッチング機械,深層学習のロボットへの適用リスクについて発表しました.
At Robomech'2018, we gave presentasions on a human-robot collaboration system, walking-assist suit and robot, fall simulator, analysis of contact force during tactile exploration, rubber hand illusion, and foot stretching machine, and risks of deep reinforcement learning applied to robots.
関連ページ: 【人間・ロボット協調 Collaborative】 【装着型ロボット Wearable】 【運動・感覚 Haptics】 【臨床ロボット Clinical】

・2018.5
A research article "Modeling semantically multilayered affective and psychophysical responses toward tactile textures" authored by Dr. Nagano and others was accepted by IEEE Transactions on Haptics.
関連ページ: 【運動・感覚 Haptics】

過去のニュース/Past news