支援ロボティクスグループは、持続的社会のために真に役立つ人間支援機械系の研究開発を行動指針とし、 安全知能学グループ(2008年発足)を前身として,2017年度に発足しました。
The assistive robotics research group was launched in 2017 to create the interdisciplinary framework for the sustainable society and research of human-assistive machines. (研究グループからのメッセージ/Message from our group

We'are hosting IEEE ISR (IEEE International Conference on Intelligence and Safety for Robotics) 2021 (Mar.) (online conference) calling for 2-4 page peer-reviewed papers.
安全と知能をテーマとした国際会議を2021年3月にリモート形態で開催します. 2-4ページの査読論文のご投稿をお待ちしております.

News

2020.11
秋山助教らが執筆した,装着型ロボットの側部接触に起因する転倒からの回避に関する論文が IEEE Transactions on Human-Machine Systems から出版されました.
A research article "Characteristics of recovery motion resulting from side contact with a physical assistant robot worn during gait" written by Dr. Akiyama et al. was published by IEEE Transactions on Human-Machine Systems.

2020.11
岡本准教授らが執筆した,素材写真の質感(材質感および感性)に関する論文が IEEE Transactions on Affective Computing に受理されました.
A research article written by Dr. Okamot et al. on the sensory-affective structure for material pictures was accepted by IEEE Transactions on Affective Computing.

2020.11
伊木さんらが挟み込みに対する手の接触安全性試験用のダミーハンドに関する研究を国際会議 IROS'2020 にて発表しました.
Ms. Iki presented a research on the dummy hand for the test of safety validation under human-robot collaborative work environments at IROS'2020.

2020.10
季さんらが糖尿病患者足部の潰瘍と足圧に関する研究を医用工学分野の国際会議 IJCB'2020 にて発表しました.
Ms. Ji presented a research on the development of diabetic foot ulcers and foot pressures at IJCB'2020.

2020.9
城さん,嶋岡さんらがそれぞれヒトの感性の動的および階層モデルに関する研究発表を感性工学分野の国際会議 KEER'2020 にて発表しました.
Mr. Tachi and Ms. Shimaoka presented their researches on affective dynamics and the hierarchical modeling of human perceptual-affective responses at KEER'2020.

過去のニュース/Past news